愛車の盗難対策、バッチリですか?

愛車の盗難対策

今日も日本全国で、誰かのクルマが狙われている?

陽気が良くなってくるとドライブとかちょっとした遠出、郊外のショッピングなど、クルマに乗る機会もグッと増えてきますね。そんなときに気をつけたいのが、クルマの盗難です。買ったばかりの新車ならもちろん、せっかくキレイに磨き上げたクルマや、新しいタイヤとか最新のオーディオに乗せ換えたばかりの愛車だったら、ガッカリ度もMAX!腹が立って悔しくて、すぐにでも取り戻したいと思うでしょう。盗んだ犯人には、一発ケリをお見舞いしてやりたいくらいです。いや、暴力はいけませんね……。

政府統計の「自動車盗難の犯罪統計」や、日本損害保険協会の「自動車盗難事故実態調査」によれば、近年はピーク時に比べると減少傾向にあるそうです。それでも全国の年間盗難総数は10,000台以上。毎日30台近くのクルマがどこかで盗まれている計算。窃盗の手口が年々高度で、スピーディーになっているそうなので、今回は万一クルマが盗まれてしまった場合の対処方法や手続き、愛車を被害から守る盗難防止アイテムを紹介します。

盗難車にもある、傾向と対策。

昨年のクルマの盗難発生件数を都道府県別にみると、もっとも少ないのが高知県。ワーストは5位から順に埼玉、愛知、千葉、大阪と続き、不名誉なワースト1位は茨城県でした。北海道は15位ですが、決して安心できる順位ではありません。日頃から十分な防犯対策しておくことがなにより大事です。ある調査によると、盗まれやすいクルマには傾向があります。おおがかりな自動車窃盗グループが国外で売りさばくせいかもしれませんが、海外で知名度や人気の高い車種が上位を占めています。5位から順にスカイライン、レクサス、ハイエース、ランドクルーザーと続き、ワースト1位はプリウスでした。あなたのクルマが該当するなら、今まで以上に防犯意識を高めておくべきでしょう。盗難は約7割が屋外駐車場で起こります。できるだけ被害に遭わないようにするには、明るく人目につきやすい場所とか防犯カメラに映りやすい場所に駐車する、なるべく路上駐車をしない、立体駐車場の場合なら低い階に停めるといった工夫が必要です。よくコンビニなどで鍵をかけず、エンジンもかけっぱなしのクルマを見かけますが、あれなどもってのほか。日頃からつねに油断してはいけません。盗まれたくなければね。

(参考資料/政府統計の総合窓口、日本損害保険協会)

盗難に遭ったらやるべき4つのこと。

クルマが盗まれたら真っ先にすることは、警察に被害届を出すことです。しかし残念ながら多くの場合、戻ってくることはありません。運良く戻ってきたとしても車内が荒らされているとか、壊されてパーツなどを外されているケースがほとんど。ですから盗難に遭ったら、クルマの抹消登録(廃車手続き)をする必要があります。もし発見されても今後は乗らないという人は永久抹消登録、見つかったら乗り続けたいという人は一時抹消登録という手続きをします。これをしておかないと、たとえ使用していなくても自動車税や自動車重量税などが課税されるので要注意。自賠責保険と任意保険も解約手続きが必要です。また盗まれたクルマの中に現金や時計、パソコンといった貴重品があったとしたら、任意保険に「携行品担保特約」を付けている場合は補償されることがあります。くわしくは自分が加入している任意保険の内容を確認してみるといいでしょう。さらに、クルマの中に運転免許証とか健康保険証、クレジットカード、ETCカード、お店の会員証などがあったのなら、かなりめんどうです。ひとつずつ手続きをしていくのは時間と労力を要しますから、はじめから貴重品はクルマにいれておかないようにしたいものです。

クルマの防犯対策、あれこれ。

盗難に遭わないためには、日頃から盗難対策装置を装備しておくことが大切です。代表的なアイテムとしては、

①【警報装置&GPS装置】
 クルマが振動したり、窓ガラスが割られたりしたら、「大きな音」で知らせてくれる警報装置が有効です。ただし誤作動を防ぐための調整は難しいので、カーショップなどで相談して購入することをオススメします。これにGPSを合わせて利用すると、さらに効果が倍増。車が盗まれたときはパソコンやスマホで位置情報を確認できるため、警察と連動して捜索してもらえる心強さがあります。

②【ハンドルロック】 
ハンドルを固定して運転をさせないようにする防犯アイテム。クルマの盗難器具としては安価で、しかも取り付けが容易なうえに「防犯対策」をしている強いアピールになります。

③【イモビライザー】
 これはキーにIDデータを打ち込み、それがクルマのIDと一致しないとエンジンそのものが動かないシステムのこと。最近のクルマの多くに標準装備されていますが、盗難にはかなり有効です。もしイモビライザーが付いていない場合は、お店で購入して機能をつけることも可能です。
ほかにも防犯カメラ代わりにもなる④【ドライブレコーダー】をはじめ、盗難防止グッズはいくつかあります。でもクルマから離れるときは、つねに盗難に遭った場合のことを想定しながら行動すると、被害も最小限で済みます。どうぞ、みなさんもくれぐれもご注意くださいね。

走行中にパンクをしてしまったら

たとえパンクしても絶対に慌てないで。

走行中にパンクをしてしまったら

たまには考えてみよう、パンクのこと。

クルマに付き物のトラブル、それがタイヤのパンクですね。近年はタイヤ性能がアップしていることや道路整備が進んだおかげで、かなり少なくなりつつあります。とはいっても、ロードサービスのJAFによれば全トラブルの約1割がパンクによる出動だといいます。なかでも高速道路では、一般道路の3倍の数に上るとか。パンク自体はわりと身近な現象ですが、実際に起こってしまうとかなり慌てます。それが高速道路であればなおさら。急激にハンドルを取られて縁石に乗り上げでもしたら、大事故につながる可能性があるので、とくに経験したことのない人ならオロオロとうろたえるかもしれません。

ところでタイヤがパンクするのは、道路上の釘やネジなどの異物が刺さるとか、縁石などで強くこすってタイヤの側面が破けることが原因です。パンクには、ゆっくり空気が抜けていくスローパンクと、タイヤが破裂して一気に空気が抜けるバーストの2種類があります。ちなみにバーストを起こしてしまうと修復不可能になることが多いのをおぼえておきましょう。

走行中にパンクをしてしまったら?

次に、実際にパンクしたときはどう対処したらいいかをお話しします。運転中にパンクをすると、べったんべったんと引きずるような異音がしたり、急にハンドルが重くなって片方向に取られたりして、明らかに変な感じがします。パンクすると空気が抜けてタイヤがヘコみますが、それと同時に気持ちもヘコみますね。でもそこは気持ちを切り替え、決して慌てず、交通の妨げにならない安全な場所(路肩や空き地など)にクルマを停めてタイヤを確認することです。その際、後続車に停止中とわかるように非常点滅表示灯(ハザードランプ)を点滅させること。必要に応じて停止表示板(または停止表示灯)や発炎筒を使って、停車していることを周りに知らせましょう。また自分で応急修理ができるようであれば作業に取りかかりますが、もしそれが高速道路上であれば作業をするのは大変危険です。クルマから離れないようにして、ロードサービスなどに助けを求めましょう。また運悪く、踏切でパンクしてしまったときはすみやかに踏切外にクルマを移動させます。仮に脱輪して動けなくなったとしたら、踏切の非常ボタンを押し、発炎筒で合図するといった対処が必要です。それもおぼえておくといいでしょう。

タイヤには日頃の点検と関心を。

タイヤがパンクしてしまったときの応急処置の方法は主に2通りあります。タイヤの状態や交通の状況にもよりますが、ひとつはトランクなどに収納してあるテンパータイヤ(スペアタイヤ)に交換する方法です。もっとも一般的ですが、やり方はタイヤ交換と同じ要領なので、それほどむずかしくはありません。まだやったことのない人は、チャレンジしてみてはどうでしょう。なにごとも経験ですから。ただしテンパータイヤはあくまでも補助タイヤだということをお忘れなく。交換後はそのまま乗り続けたりせず、修理してくれる場所へすみやかに移動するようにしてください。

もう一つの方法はタイヤを交換しないで、自分でタイヤを補修するやり方です。補修用のゴムプラグをパンク部分に詰め込んで穴を防ぐ方法ですが、応急用補修キットはカーショップなどで手に入れることができます。ただしこのやり方は、タイヤに釘やネジなどが刺さった小さな穴が原因でパンクした場合に限ります。これもあくまでも応急処置ですから、できれば早めにプロのスタッフがいるお店で修理してもらうことをおすすめします。

パンクはそれほどひんぱんに起こるものではありません。でもその確率をさらに下げるには、やはり日頃の点検がなにより大事です。たとえばタイヤのひび割れ、キズ、溝の深さ、空気圧、偏摩耗(タイヤの一部だけがかたよって減ること)などは誰でもわかりますね。タイヤは古くなるとひび割れしやすくなりますし、距離をたくさん走ればそれだけ溝も減り、バーストする可能性が高くなります。また空気が抜け気味であったり、4本のうちのどれか1~2本が偏って減っていたりしたら、それだけタイヤに余計な負担がかかってしまいます。それを防ぐためにも、いつも適正な空気圧を維持することと、タイヤのローテーションもときには必要です。いずれにしても、タイヤは人の命をあずかる大切なパーツ。いつも、その状態に関心を持つクセをつけてくださいね。

イヤ~な静電気に、バイバイ♪

クルマの静電気

意外と長い、北海道の静電気期間

クルマに乗り込もうと取っ手にさわった瞬間、指先が「バチッ!」とか「ビリッ」としびれたことはないですか?あるいはクルマを降りるときにも、同じような現象が起きたとか……。それはどこかのイタズラ好きが仕掛けたトラップではありません。静電気の奴の仕業です。でも痛いやらビックリするやら、くやしいやらで、本当にイヤになっちゃいますね。この地球上にあるすべての物質はプラスとマイナスの電子を持っているのですが、それが摩擦などで配列が乱れて電子が偏ると、ほかのものに触ったときに一気に放電してしまうので、「バチッ、イテテテッ」となるのです。ですから運転中に体を動かすだけでも静電気は発生しますし、クルマの座席から身体や衣服が離れただけでも、静電気の奴はきっちり発生してしまうというわけ。

静電気が発生する主な原因は「乾燥」と「摩擦」なので、本来は空気が乾燥した冬に多いものです。それが北海道だと湿気が少なく、比較的空気が乾燥しているシーズンが長いので、かなり静電気が起こりやすい環境にあるといえます。そこで今回は、静電気を避けるための裏技や防止グッズなどのお話をしていきます。

静電気で注意しておきたいポイント

まず静電気がいかに微弱だろうと、電気であることに変わりはありません。なので、引火しやすい危険物には十分な注意が必要です。たとえばガソリンがそう。もし静電気がガソリンに触れたりしたら大変!最近は自分でガソリンを入れるセルフスタンドが多いですが、給油機に静電気防止シートを備えて対策しているところがほとんどです。ですから利用する際は必ずこれにタッチしてから、給油作業を行なうことを習慣づけましょう。

意外なことですが、クルマに乗るときに注意したいのが、静電気を帯びやすい服を選ばないことです。綿や絹、麻といった天然繊維は発生しにくい素材ですが、フリースのような合成繊維はかなりの確率で静電気が起こります。ですから合成繊維を着るときには、綿のTシャツや肌着などをうまく組み合わせるといいですね。また洗濯は静電気防止になりますし、そのときに柔軟剤を使用すればさらに効果が期待できます。同様に、靴についても天然素材のほうが静電気を帯びにくい傾向にあります。ただしスニーカーのように靴底がゴム製ものは、身体に蓄えた静電気は逃げてくれません。その場合はいったん靴底を水で濡らしておくと効果があります。

お金のかからない静電気対策は?

静電気の放電を100%なくせるわけではないですが、ちょっとしたやり方を覚えるだけで、あの不快な“バチッ”を減らす裏技があるのでご紹介します。

クルマから降りるとき:その(1)
ドアを開けて降りるときに、ドアの金属部分に触れる→金属に触れたままの格好で地面に足をつける→着地後に金属部分から手を離す。たったソレだけ?と思うかもしれませんが、この順番を守るだけで、静電気を劇的に減らすことができるんです。

クルマから降りるとき:その(2)
濡れたハンカチやウェットティッシュを使ってドアノブを触ること。これもソレだけです。なぜかというと、静電気は水分が増えると空気中に電子が放電する性質があるからです。

クルマに乗るとき:その(1) 
ドアノブに触れる前に地面に軽くタッチしてから乗ること。こうしておけば、身体に帯電している静電気を一旦逃がすことができるので、「バチッ」ときません。

クルマに乗るとき:その(2) 
いきなり素手でドアノブに触らず、キーでクルマのボディに一度触ってからロックを解除すると静電気を防止することができます。

市販の静電気防止グッズを活用してみる

結論からいうと、静電気から身を守る方法はたった2つだけです。ひとつは身体にたまった電気を逃がすこと。もうひとつは、できるだけ身体に電気をためこまないことです。それがわかっていても、世の中にはめんどくさがり屋さんだとか、クルマに乗り込むときの服装を気にするのはイヤだわという方もいることでしょう。そういう方のために、いくつかの静電気防止(除去)グッズがカーショップなどで売られています。たとえば静電気防止スプレー。これをクルマのシートとか衣服とかにサッと吹きかければ、かなり効果があるようです。また、キーに付けておくキーホルダー、ドアの内側に貼るシール式ボディアース、ブレスレッドなど様々な種類があります。使う人によって効果に差がでることもありますので、興味と関心のある方はいろいろと試して、快適なカーライフをお楽しみください。

ウィンカーの点滅が突然速くなったら、 どうしたらいい?

ウィンカーの点滅が突然速くなった

ウィンカーとブレーキランプの調子はどうですか?

ふだんクルマに乗っていると、思いがけないトラブルに見舞われることがあります。日常点検や定期点検をちゃんと受けていれば、大きなトラブルは起こりにくいはずですが、点検をサボりがちの人やクルマに無関心な人などは、トラブルの遭遇指数がグンと高くなるはず。そのひとつが、“ウィンカーやブレーキランプが点灯してくれなくて、ちょっとあわてた場合”です。割と一般的なトラブルではあるものの、ウィンカーやブレーキランプが点かなければ、とっても危険!後続車やほかのクルマへの合図ができないため、最悪の場合は追突を招きかねません。しかも自分が悪いので、言い訳もできないのです。またぶつからないまでも、クラクションを鳴らされてがっつりにらまれる、なんてことも。さらに、ブレーキランプが切れていると整備不良(尾灯等)で罰金の対象になるので要注意。ちなみに普通車は違反点数1点で、反則金は7千円と決められています。とくに後方のウィンカーは点かなくても気づきにくいので、給油時にガソリンスタンドでチェックしてもらうとか、コンビニなどに駐車したときにお店のガラスの反射を利用して確認するのもナイスな方法です。ほかには、まわりのクルマがひんぱんにパッシングや合図を送ってくるようであれば、ちょっと疑ってかかったほうがいいかもしれませんね。

電球切れなら、自分で直しましょう。

ところでウィンカーやブレーキランプが点かない原因は、バルブ切れによるものがほとんどです。いわゆる電球切れですね。ウィンカーの場合、片側が点灯しなくなると反対側のウィンカーの点滅が「カチカチカチカチ……」と急速に早くなるので、割とわかりやすいと思います。ブレーキランプも一部の車種は、球切れ警告灯を点灯させてドライバーに知らせてくれることがありますので注意して見てみましょう。でも電球が切れたせいで点灯しないのなら、それはラッキーかもしれません。なぜなら、同じ消費電力の電球をカーショップなどで買っても数百円で済みますし、交換作業そのものもそれほど難しくはありません。「ふだんボンネットなんて開けたことがないよ!」という人も、マイカーのことをもっと知る上でも、チャレンジしてみてはどうでしょうか。愛着がさらに湧くと思います。

フラッシャーリレーの故障なら、プロの専門家へ。

さて、ウィンカーのバルブを交換しても「カチカチカチ……」と忙しく点滅するようであれば、原因のほとんどはフラッシャーリレー(別名ウィンカーリレー)という電子部品の不良が考えられます。このパーツは、流れてきた電流をON・OFFに切り替えてウィンカーライトを点滅させる仕組みです。なので、フラッシャーリレーへの電圧が低下もしくは故障していれば、新しいパーツに交換してあげると簡単に直ります。ブレーキランプが全て点かないのなら、ストップランプスイッチの不良が考えられます。これらの部品は比較的壊れやすい消耗品であり、自分で交換するのは難しいです。部品代も工賃もそれほど高いものではありませんので、信頼のおける専門家にお願いするようにしましょう。

今回はウィンカーとブレーキランプについてふれましたが、これらが点灯しなければ保安基準に適合せず、車検でもチェックされる大事な項目。ちょっとでもふだんと様子が違うとか、調子が悪いと思ったら、当社までお気軽にご相談ください。安全運転と万全な整備で、いつまでも快適なカーライフをお過ごしください。

キーの閉じ込みが、 ロードサービスの依頼上位に。

キーの閉じ込み

まずは落ち着いて、解決策を探しましょう。

誰でも一度や二度は経験があるでしょう。クルマを離れるときに、キーを差したままロックしちゃったことが。「あっ、やっちゃった!」と思っても後の祭り。でもそれほど落ち込むことはありません。だって人間だもの。世の中にはそんなウッカリさんが星の数ほどいます。その証拠に、大手ロードサービスの救援依頼内容を見ると、第1位(平成28年の通年/一般道路)がバッテリー上がり、2位がタイヤのパンクやバースト、それに続く3位がキーの閉じ込みというランキングでした。そう聞くと、少し安心できますね。

でも実際にキーを閉じ込めてしまうと、頭の中がパニックになるかもしれません。おまけに時間がなくて急いでいるときや、頼れる同乗者がいないとか、どこに頼んでいいかわからないときはホントに困ります。でもそんなときだからこそ、気持ちを落ち着かせ、トラブル解決の道を探しましょう。

ロードサービスは加入していますか?

次に、ロックがかかってしまったドアを開ける方法についてです。やはりいちばん確実なのは、ロードサービスに頼むことです。「なあんだ、そんな当たり前のこと?」と思う人や、「それはわかっているけど、JAF(日本自動車連盟)とかは入ってないよ……」という人もいるかもしれません。かつてロードサービスといえば、信頼性は高いけれど料金もそれなりのJAFが一般的でした。でも近年は民間のロードサービス会社がいくつか誕生したことや、ロードサービスが無料またはオプションで付けられる自動車保険やクレジットカードが増えてきたため、以前よりもロードサービスが身近になったと思います。もしあなたがJAFに入っていなかったとしても、ほかのロードサービスなら使えるかもしれません。この機会にぜひ確認しておきましょう。ただせっかく加入していても、その連絡先が車内に置いてあるために、電話しようにもわからない……なんてオチがないことを願っています。

合鍵を作ってもらうという方法も有効です。

ロードサービス以外でキーの閉じ込みを解決するには、合鍵屋さんに駆けつけてもらうという方法があります。出張サービスを行っているところなら便利で、もしかしたら有料のロードサービスより低料金であるとか、短時間で来てくれる場合もあるようです。迷ったら一度、連絡してみても良さそうで。また窓ガラスの間に針金とかワイヤーを突っ込んで開けるという方法も、TVドラマなどでたまに見かけます。でもそれはシロウトには難しく、逆にガラスやドア内部を傷つけてしまうおそれがあるので止めておくべきでしょう。

たとえば真夜中の郊外で携帯がつながらず、ロードサービスにも連絡がつかず、合鍵の専門業者も呼べなかったとしたら……、泣きたくなるかもしれません。だからといって、運転席の窓ガラスを割るなんてことはもってのほか。そんなことをしたらクルマがかわいそうです。そのときはすっぱり気持ちを切り替え、クルマを置いて帰るのもひとつの手段です。もしかしたら翌朝、業者に連絡がつくとか、誰かが助けてくれるかもしれませんから。

常日頃から、スペアキーの携帯を忘れずに。

ところで、最近はわざわざキーを取り出さなくてもクルマのドアがロックできて、エンジンをかけることができる便利なスマートキー(またはインテリジェントキー等と呼ばれる)が増えています。でも考えてみると不思議。それがあればキーの閉じ込みなんてなくなりそうなものなのに。結局人間は、スマートキーを使っても本質的になかなかスマートに行動できないということでしょうね。残念です。ちなみにスマートキーは、鍵穴にキーを差しこむことも抜くこともないので、逆にクルマからキーを取り出すのを忘れてしまうのだと分析する人がいます。たとえばマイカーがスマートキーでも、会社の営業車が通常のキーを利用するタイプなら、ウッカリ混同しても仕方がないかもしれません。

最後にキーの閉じ込みを防ぐ方法をお伝えします。ひとつは、ドアは必ずキーでロックすること。もうひとつは、クルマで外出するときは必ずスペアキーを持つクセをつけること。単純ですが、とても有効な方法です。たとえスマートキーを使っている人でも、油断できません。スマートキーは内部の電池が消耗すると作動範囲が狭くなるとか、まったく作動しなくなるからです。ちなみに電池の寿命は約2年だとか。いずれにしても、日頃の習慣やチェックが大事だということですね。以上、参考になればうれしいです。