軽自動車

ライフスタイルに合わせてチョイスしたい クルマはどれ?

軽自動車

日本で一番売れているクルマはなんでしょう?

みなさんはいま日本で、もっとも売れている乗用車が何かご存じですか。トヨタのアクアやプリウス、ホンダのフィット、日産のノート、あるいはよく見かけるレクサス?とお答えになる人も多いでしょう。確かにクルマの種類は数えきれないほどあるので、わかりにくいかもしれません。そこで、2018年4月の車名別新車販売台数ランキング上位10車を調べてみると

1位:N-BOX(ホンダ/軽自動車)
2位:スペーシア(スズキ/軽自動車)
3位:ムーヴ(ダイハツ/軽自動車)
4位:タント(ダイハツ/軽自動車)
5位:アクア(トヨタ)
6位:ワゴンR(スズキ/軽自動車)
7位:プリウス(トヨタ)
8位:ノート(日産)
9位:ルーミー(トヨタ)
10位:デイズ(日産/軽自動車)

(※新車販売台数速報(2018年5月8日付)/日本自動車販売協会連合会、および全国軽自動車協会連合会)

という結果に。なんと上位車種の半数以上が軽乗用車なんですね。道理であちこちで見かけるはずです。ちなみに全国の軽自動車数は2018年4月末時点で3,000万台以上。そのシェアは自動車総保有台数の4割近くを占めるそうです。つまりそれだけ、軽自動車が絶大な支持を得ているという証拠でしょう。もしかすると、みなさんのクルマも軽自動車かもしれませんので、今回はこの軽自動車の歴史や規格、特徴などを解説します。

軽自動車は日本だけの特殊な規格。

軽自動車はコンパクトでスタイルも良く、車庫入れや狭い道でも運転しやすいうえ、ひと昔前まではハイクラスのクルマにだけ採用されていた仕様やシステムが装備されることが多くなってききました。さらに税制面での優遇、維持費の安さ、燃費の良さなどが受け入れられ、とくに初心者や女性ドライバーの人気を定着させています。軽自動車は日常生活の足であり、セカンドカーとしても便利な乗り物。近頃は環境面への配慮から、コンパクトなクルマの需要が世界的に高まっています。このことから、軽自動車は世界中で普及していると思いがちですが、残念ながらそうではありません。なぜなら軽自動車の規格は日本独自のもので、海外では販売されていないからです。ごく一部の車種は輸出されているものの、ほとんどは車両サイズやエンジンが変更されているため、厳密には軽自動車とは呼べないのです。どうです、ちょっとびっくりでしょう?

時代とともにワイド化していった規格。

ところで、日本で軽自動車の規格が誕生したのは1949年のことでした。戦後間もない頃で、まだまだ「モータリゼーション」は遠い未来だったことから、国民が気軽に自動車を所有できるようにと制定された規格でした。しかし当時はサイズや排気量などの規格が非常に厳しく、何度かの改定が行われました。その結果、ホンダN360やスバル360などの人気車が生まれたのです。1976年には、排ガス規制などの影響で排気量が550cc以下に変更されてワイド化が実現。車体価格や税制面での優遇などが幸いして、空前の軽自動車ブームが起こりました。

その後、コンパクトで経済的な軽自動車は、商用車としても一般乗用車としても大いにもてはやされ、私たちの日常生活にも深く関わってきます。そして1998年には、現在の軽自動車の規格(全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2.0m以下、排気量660cc以下)へと変更されました。軽自動車は限られた排気量とサイズの中で、各自動車メーカーが技術を競い合い、最新のテクノロジーや機能を詰め込んだすぐれたクルマへと進化を遂げてきたのです。

次の購入時の選択肢に加えたい軽自動車。

このように、サイズと排気量がアップした軽自動車は、普通車と同じ衝突安全基準が採用されていて、衝撃を分散・吸収するボディ構造を備えた車種も増えてきました。シートベルトのプリテンショナー(衝突した瞬間にベルトを引き込んで身体を固定する機能)、フォースリミッター(胸への衝撃を緩和する機能)など安全対策も図られています。また、高速道路上での最高速度制限も普通車と同じ速度に引き上げられました。こうしたことを背景に、ハイトワゴンタイプやSUVタイプ、オープンカー、ハッチバック&セミトールワゴンなど、じつにさまざまなバリエーションのモデルが展開されるようになってきました。いま現在、新車で購入できるモデルの数は60種類以上あるとか。もはや軽自動車は、ちょっと狭くて頼りなく、非力なクルマというかつての認識はなくなりました。もしみなさんが今後、新車購入や買い替えを考えているのなら、その選択肢のひとつに軽自動車を加えてみてはいかがでしょうか。

交通違反

知らなかったじゃ済まされない。 交通違反のアレコレ。

交通違反

交通ルール、ちゃんと守ってますか?

長かった冬もようやく終わりましたね。気温が高く陽気も良くなってくるとうれしくて、気持ちまでポカポカしてくるから不思議です。路肩の雪が消えアスファルト道路が見えてきたら、北海道もいよいよドライブシーズン突入。目的地も、温泉とかおいしいグルメ、お花見、行楽地、春の各種イベントなど、数えきれないくらいです。今度の休みあたり、遠出を計画している人も大勢いらっしゃるんじゃないでしょうか。とくに若葉マークのフレッシュマンや新しくクルマを購入した人なら、なおさらワクワクしていることでしょう。

でもちょっと待って!春先のドライブは最高に気分がいいですが、逆に最高に気分の悪いものがもれなく付いてきます。そう、交・通・違・反ってやつですね。いくらドライバーが注意していても、そこは人間だもの。同乗者とのおしゃべりについ夢中になってスピードを出し過ぎたとか、一時停止に気づかずに通り過ぎた、黄色信号を無理して突っ込んだ、ちょっとのつもりで路上駐車した、運転中にケータイに出ちゃったとか、いつのまにか交通違反を犯してしまうものです。そこを巡回中のパトカーに見つかっちゃったとしたら?例外なく違反切符を切られ、気分は一気にブルーに。たとえ自分が悪くても、「あー、もう!最悪~」と思ってしまいませんか。そうならないためにも、交通ルールを今一度しっかり確認することをおすすめします。

毎年変わる道交法にご注意を。

さて日本には、数えきれないほど交通違反の種類があります。でも運転免許を所有している人であれば、知っていなければならないことばかりです。日頃から守るように心がけておくことが大前提。ただし、交通ルールを定めた道路交通法は毎年のように改正されるので、つねに情報をアップデートしておくことが大切です。知らないで違反を起こしてしまうと、「あー、もう!最悪~」と思ってしまう……あ、さっきも書きましたね。ちなみに平成26年の道交法改正ではランドアバウト、つまり環状交差点に関すること、平成27年が免許取得・更新・停止・取り消しに関すること、さらに昨年は普通免許と中型免許の間に、18歳から取得できる「準中型」免許が新設されました。また、最近は高齢者が引き起こす事故が多発していることを受けて、高齢者運転対策の推進が整備されたのですが、ご存じでしたか。スペースの関係で詳しくはご紹介できませんが、興味のある人は警視庁や(財)全日本交通安全協会などのホームページをぜひ参考にしてみてください。

◆警視庁(交通局) 
https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/law/index.html
◆(財)全日本交通安全協会(道路交通法の改正ポイント)
http://www.jtsa.or.jp/new/koutsuhou-kaisei.html

あらためて知る、交通違反のいろいろ。

ところで道路交通法には、一般にあまり知られていない交通違反がかなりあります。たとえば【過労運転等】がそう。ひどく疲れた状態でいるとか、体調が悪いときや大きなケガを負っているときは一切運転してはいけないというのが決まりです。また、高速道路を50キロ以下で走ると【最低速度違反】を取られますし、高速道路でガス欠になっちゃうと【高速自動車国道等運転者遵守事項違反】になるので、要注意。他にも歩行者への泥はね、クラクション鳴らし過ぎ、急ブレーキ、ブレーキランプやテールランプ切れ、安全を確認しないでドアを開ける、サンダルやハイヒールでの運転、大音量でカーオーディオを鳴らしながらの運転、車間距離のせばめ過ぎ、ずっとハイビームにしたままの運転、クルマを止めているときのエンジンかけっぱなし、消火器不備、初心者運転者の保護など、交通違反がこれでもかというほど。挙げだしたらキリがありません。中には「聞いたこともありませーん」と思うような違反もあるんですよ。そういえば、後部座席の人のシートベルト着用は高速道路では浸透していますが、一般道ではまだまだ。でもこれもじつは義務化されています。もしシートベルトを着用していないところを巡回中のパトカーに見つかったとしたら、違反切符を切られても文句はいえないんです。だって、知らない自分が悪いんですから。「あー、もう!最悪~」(あ、しつこかったですね)となる前に、道交法をしっかり把握してから、さわやかな気分で春のドライブを楽しみましょう。

◆警視庁(交通違反点数一覧)
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/torishimari/gyosei/seido/tensu.html

老舗タイヤメーカーが、 グルメ本を作ったのはなぜ?

老舗タイヤメーカーが、グルメ本を作ったのはなぜ?

ミシュラン兄弟がいなければ、グルメ本は生まれなかった?

世の中にはおいしい食べ物が数えきれないほどあります。俗にいうグルメですね。グルメ好きが高じると「遠くまで出かけて行っても食べたい!」という、食いしん坊さんもたくさんいます。それにいまは、クチコミサイトやSNSでお店の評判を参考にしている人も少なくありません。何を隠そう、私もそのひとり。なかでも、おいしいお店を格付けして紹介する「ミシュランガイド」は、高い信頼に裏づけられたグルメ本のバイブルともいえる一冊です。一度このガイドブックに選ばれたお店はその後、なかなか予約の取れない人気店になったりしますからね。

ところでこのグルメガイドの発行元の「ミシュラン」は、誰もが知っている世界最大級のタイヤメーカー。ミシュランマン(正式名=ムッシュ・ビバンダム)といって、白いタイヤをいくつも積み重ねたような、ぽっちゃり体型の愛らしいキャラクターでもおなじみです。この会社は19世紀末のフランスで、アンドレとエドゥアールというミシュラン兄弟によって創立されました。一見、タイヤメーカーとグルメガイドはなんのつながりもないように思えますよね?今回は、なぜこの兄弟がグルメガイドを作るようになったのかを紹介しましょう。

クルマが増えれば、タイヤはもっと売れるはず!

「ミシュランガイド」の第一号はいまから100年以上前の1900年、フランスで発行されました。当時はまだクルマそのものが少なく、見かけるのが珍しいくらい。きっと道路もガタガタだったに違いありません。クルマの性能だって決して褒められたものではなく、故障やガス欠はあたり前。パンクだって日常茶飯事だったでしょう。でもそんな時代だからこそ、「もっと楽しくクルマを運転してもらいたい」「遠くまで快適にドライブしてほしい」と願った兄弟が思いついたのが、ガイドブックをつくることでした。

当初のミシュランガイドは、クルマの整備方法、道路地図、ガソリンスタンド、郵便局、修理工場、電話のある場所などを掲載することが主な目的。ドライバーが食事を楽しめるレストランや宿泊施設などはほんのオマケ程度だったようです。でも1900年といえばパリ万博が開催され、パリに地下鉄が走り出した年。人々が遠くまで移動することを楽しもうとする気風が生まれた頃です。その空気をミシュラン兄弟も悟ったのでしょう。「クルマが増えてくれば、うちのタイヤはもっともっと売れるに違いない」と考え、熱心にガイドブック制作に当たったそうです。ちなみにミシュランガイド第1号は、ドライバーに無料で配ったといいますから、何とも時代を感じるエピソードですね。

世界の美食家たちが待ち望んだ日本版ミシュランガイド。

現在のミシュランガイドのように、レストランを星で格付けするようになったのは1930年代。その方法も今と同じ、ミシュラン社員が匿名で施設調査を行うやり方です。1900年にフランスで発刊されたミシュランガイドは約100年間、ヨーロッパのお店が対象でした。それが21世紀には路線が拡大されてアメリカ版が登場。さらに2007年には東京版、2008年に香港・マカオ版が刊行されます。その後日本国内では京都・大阪版が刊行されるなど、美食家たちの興味と関心を世界各地へと向かわせたのです。ミシュランではおいしさの評価基準に星を与えることはご存じだと思いますが、ちなみに星3つは「そのために旅行する価値のある卓越した料理」というのが選定基準だとか。わざわざ「旅行する価値」と定義したところに、発刊当時のミシュラン兄弟の思い入れを感じます。

ドライブの目的は、きっとなんだっていい。

ミシュランでは2011年以降、調査範囲を拡大していて、日本国内でもいくつかの地域を取り上げた“日本版ミシュランガイド”を刊行しています。そのなかのひとつが、地元の北海道版です。昨年(2017年)は第2号が刊行され、大きな話題を振りまきました。今や世界中の人たちが認めるミシュランガイドですが、元々はクルマに乗る人のために作られた実用的な本。ちなみに初版の序文には、こんな言葉が載っています。「このガイドブックは、旅行者に宿泊と食事ができる場所を見つけていただくために編集されたものである」と。とはいっても、ミシュランガイドが家族や友人とおいしいものを食べに行くとか、宿泊をしたときの食事の案内役を務めるための本であることに変わりはありません。春になってどこかへ出かけたくなったら、ミシュランガイドを片手に、クルマを走らせてみてはどうでしょう。お目当てのお店があるなら、ドライブがもっと気持ちよくなると思いますよ♪

人気のSUV車、あなたは好きですか

スポーツ・ユーティリティ・ビークル

好きなクルマのカテゴリーはなんですか?

衣食住に次ぐ大切なモノで、日常生活になくてはならない存在。そのひとつがクルマであることは異論がないでしょう。交通機関がとても発達している都心部では、それほど必要性を感じないかもしれません。でも、クルマを所有することで得られる喜びや楽しさ、便利さは何ものにも代えられないものです。そのクルマですが、いまはさまざまなカテゴリーがあふれていますから、どれにしようか頭を悩ます人も多いはずです。クルマも洋服や電化製品と同じように、その時代ごとの流行が反映されます。とくにここ10年くらいは、かわいくて手頃な軽自動車がよく売れています。その一方で、車高が高くてがっちりしたボディを持つSUVと呼ばれるクルマも、根強い人気を保っています。SUVはクルマのカテゴリーのひとつですが、これによく似たクルマにRVがあり、さらにクロスカントリー、ミニバン、ほかにもクロスオーバーと呼ばれるカテゴリーも存在します。そのせいで、クルマにあまり詳しくない人ならきっと、頭がこんがらがっちゃって「??????」となるのではないでしょうか。そこで今回はそのあたりを、わかりやすく解説していきたいと思います。

RVとSUVって、なにがどう違う?

日本では海や山、ウインタースポーツやキャンプ、釣りなど、アウトドアやレジャーに向いていそうなクルマを、RVとかSUVと呼んでいます。ええ、なんとなくですが。そのはじまりは1990年代前半に登場したRV車でした。当時、このクルマの横でバーベキューや昼寝をして、夜は焚火をしながら星を観察して楽しむといった休日スタイルが、アウトドア派の人たちの支持を得たからです。ちなみにRVとはRecreational Vehicle(レクレーショナル・ビークル)の略で、休暇を楽しむためのクルマという意味。本場アメリカでは、キャンピングカーを指す言葉ですが、日本では少し変化して、レジャーに向いているクルマ(ステーションワゴン、ワンボックス、ミニバン、オフロードなど)全般をひっくるめてRVと呼ぶようになりました。その後、RV車のカテゴリーから細分化されたSUVやミニバンという呼び方が、いつのまにか主流になってきたため、RVという呼び名はあまり使われなくなってしまったようです。

定義のないクルマ、それがSUV?

ところでSUVとは、Sports Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)の略で、スポーティーな乗り心地が楽しめる多目的車といった意味を持ちます。スポーツ向けにつくられているため、多少道が悪くてもグングン走ってくれますし、車高が高いので運転席からの視界が広いのも魅力です。また、比較的しゃれたデザインが多いため、男女を問わず幅広い年齢層に愛用されています。

ただし、ここからが悩ましいところですが、日本ではSUV車についての明確な定義がありません。必ずしも4WDじゃなければダメなわけではなく、サイズやデザインにも決まりはありません。さらに最近は乗用車をベースにしたクロスオーバーというものが登場していますし、高級SUVへのシフトも見られるようになってきました。このことから、SUVは現在、オールラウンドに使えるクルマ全般を指すカテゴリーとして使われるようになってきているんです。

ホンダのSUVもなかなかの人気!

乗り心地がスポーティーで、アウトドアや街乗りにも向いているSUV車は、各メーカーでも商品ラインナップを充実させています。もちろんホンダでもその開発と販売には力を入れています。その代表が2013年に発売されたヴェゼルです。みなさんもきっと見かけたことがあるでしょう。3代目フィットをベースに、SUVならではの力強さとたくましさ+クーペの美しさ、さらにミニバンのようなゆったりした収納スペースがある、使いやすいクルマです。従来のSUV車はボディが大きく、燃費が悪いというデメリットがありました。しかしヴェゼルは燃費性能もアップしていますし、ハイブリット仕様もあります。また、なにより安全に対するシステムも積極的に導入したクルマなので、気になる方はお近くのHonda Cars販売店でおたずねください。

当社はHonda Carsの直営店なので、ホンダ車以外の修理、板金塗装、車検をはじめとする法定点検はやっていないと思っているお客さまがいらっしゃいます。でもそんなことはまったくありません。他メーカーのSUVでもミニバンでも、直したいおクルマがあれば気軽に当社までご連絡くださいね。

Hondaの反骨精神を受け継ぐ。

負けるもんか

「負けるもんか。」に込められた企業姿勢

がんばっていれば、いつか報われる。持ち続ければ、夢はかなう。そんなのは幻想だ。
たいてい、努力は報われない。たいてい、正義は勝てやしない。たいてい、夢はかなわない。
そんなこと、現実の世の中ではよくあることだ。
けれど、それがどうした?スタートはそこからだ。
技術開発は失敗が99%。新しいことをやれば、必ずしくじる。腹が立つ。
だから、寝る時間、食う時間を惜しんで、何度でもやる。
さあ、きのうまでの自分を超えろ。きのうまでのHondaを超えろ。

これは「負けるもんか。」というワードをキャッチコピーに掲げた、Hondaの企業広告です。TVでは60秒という長尺で、ホンダ歴代のクルマやバイクが次々に現われ、時代の変遷を目の当たりにしたような映像とともに、上の語りかけるようなナレーションが流れる作品でした。余談ですが、この作品はSNSでも大変話題となり、ユーチューブでも若い人を中心にずい分再生されたそうです。そうそう。街なかやJR駅などにも、大きなポスターが貼られていましたっけ。

制作は2012年。ちょうど東日本大震災が起こった翌年なので、このCMに励まされ勇気づけられた人は多かったんじゃないでしょうか。実際この広告は、年間8,000点を超える作品の中でも最も権威のある広告団体からグランプリをいただいたので、覚えている方もいらっしゃるでしょう。あまり今風ではないかもしれないけれど、それでも創業時から培ってきた“Hondaの反骨精神”が人の心に届いたのだと思います。もう2018年も開けたので、もう6年。月日が流れるのは、早いものですね。

Honda創業者、本田宗一郎氏のこと

ご存じの方も多いと思いますが、現在のHondaの礎をつくったのは本田宗一郎氏です。戦後ゼロから出発した企業を、「世界のホンダ」といわれるまでに育て上げた本田氏がいつも口にしていた言葉が、「負けるもんか」だったといいます。どんな逆境にあっても必ず道はある。そう信じて、諦めず、成功するまで絶対にやりぬく。そういう強い思いで、困難に立ち向かったのでしょう。だからこそ、彼の情熱や精神が波紋のように広がり、社員やお客さまや、たくさんの人の共感を得たのだと思います。

彼は日本人として初めて、アメリカの自動車殿堂入りを果たすなど、海外でも高い評価を受けた経営者のひとりです。それは、独自の技術を開発した功績だけでなく、国際社会の一員として経済活動を続けてきたからにほかなりません。

きのうまでのHondaを超えていきたい

本田宗一郎氏が現役を退き、亡くなってから30年近く経ちます。それでも、彼のモノづくりに対する姿勢や好奇心の強さ、発想の斬新さ、常に前進を続ける原動力、そして何より、他人に負けたくないと思うからこそ、昼夜を惜しんでクルマづくりに注いできた努力と汗を、とても尊いと感じます。

私たちHondaCars札幌中央ボディサービスも、Hondaグループのひとつ。そして社員ひとり一人は、みんな本田宗一郎氏のことが好きで、彼の人間性や志に惹かれてこの会社の門をたたきました。だから私たちもまた、本田氏の遺伝子を継ぐ者たちです。今回はいつもとちょっとトーンの異なるコラムでしたが、いままでも、これからも。Hondaグループの一員であることを誇りに思い、「負けるもんか。」の精神をいつも忘れず、モノづくりにあたりたいと思っています。